進路指導の重点

◎ 目標

生徒が自己の個性を伸ばし、適性を知り、さらに基礎学力の向上を図り、自主的に進路を選択し、決定することができるように全教職員協力のもとに具体的計画を立案し、実行する。

◎ 具体的な計画

① 自己理解と生徒理解 ...生徒が自己の適性・能力を正しく理解するように指導、助言するとともに、学級担任、教科担任は個々の生徒をより正しく理解するように努める。

② 自己理解の深化と情報の提供 ...進路指導のためのホームルームを3年生は年間12回程、2年生・1年生は年間6回程実施し、その際各種の資料情報を収集・整理し生徒へ提供する。 進路関係の情報収集、進路資料(Ⅰ・Ⅱ)等の発行。 7月の「学問発見講座」、10月の「卒業生講座」で、大学の先生を中心にそれぞれ14名程度をお招きして講義をしていただき、これらによって生徒の自己理解を深めさせ、更に進路選択の意識化を図る。 また、保護者に対しては「PTA総会」及び「学年総会」等の会合において情報の提供を行う。

③ 進路相談 ...学級担任は進路に関する啓発の場としての相談の機会をもち指導助言をする。 進路部としても、適宜生徒の相談を受ける。

④ 進学・就職指導 ...進路ホームルームを通じて指導すると同時に、「職員向け進路指導会議」、「3年学級担任団との連絡会」を年間各々数回程度もち、進路保障の立場から、進学・就職について十分な打合せを行う。 学級担任は、情報・調査・資料に基づき、本人の希望・適性・能力に応じて、個別に、生徒や保護者との面談を行い適正な進学・就職指導を行う。

⑤ 模擬試験の実施 ...学力の伸長の程度を知りさらに学習方法等の検討の一助となるように、「校内模試」を年間3年生は3回、2年生は2回、1年生は1回実施する。各学年とも年1回ずつ「PTA主催の外部模試」を全員が受験する。 また、「学力状況調査」を行っている。

⑥ 卒業生への追指導 ...卒業生と連絡を密にして、効果的な追指導を行う。 7月中旬には、一浪・二浪の生徒全員に進路部としての年間行事予定等について、プリントを郵送して連絡する。

進 路 室 進路室写真.png

 過去問題集は、現在、進路室前にあリます。貸し出しは可能です。本棚横の「帯出票」に記入、提出して借りてください。