進路を考えるために

進路関係行事(高大連携事業)

 学問発見講座(7月)・卒業生講座(10月)

 生徒が学問の一端に触れ、進路を選択する一助とするため、7月に学問発見講座、10月に卒業生講座を開講しています。「学問」の範囲は柔軟に捉え、大学の教員以外の方に講師をお願いすることもあります。土曜日の午前中に1~2コマ設け、講師の方の専門分野に関わることをお話ししていただいています。1コマあたり250名前後が自主的に受講しています。

 スプリングセミナー(5月)・オータムセミナー(10月)

 「北辰プロジェクト」に基づき、学年行事として両セミナーを企画実施しています。

 入学約1か月後に実施しているスプリングセミナーは、京都大学にて行っています。本校卒業生の教授に「茨高生に望むこと」をテーマに基調講演をしていただき、京都大学に在籍している卒業生にキャンパス案内をしてもらいます。その後のテーマ別討論会にも、卒業生に参加してもらっています。大学生の思考の深さを感じ、アカデミックな雰囲気の中で、近い将来と遙かな将来に自らの目標を描くことができます。2年生後期初日のオータムセミナーでも、卒業生の教授に基調講演をしていただき、2年生後期から始まる「課題研究」に向けて、自ら課題を見つけ、それを解決するということと、研究に対する姿勢を学びます。

 京都大学研究室訪問(7月)・東京スタディーツアー(8月)

 希望者には、さまざまな大学との連携行事があり、学習へのモチベーションを高めるチャンスが豊富に用意されています。京都大学研究室訪問では、本校を卒業し、京都大学で研究している先生の研究室を訪問しています。また、東京スタディーツアーでは、東京大学・東京医科歯科大学の研究室を訪問します。

 京都大学ELCAS・大阪大学SEEDS・神戸大学ROOT

 約半年間、休日に各大学に通い研究をします。

 海外研修セミナー(7・8月)

 今年度は、カリフォルニア(ミッション大・スタンフォード大シリコンバレー)での短期研修です。

 大阪大学医学部心臓血管外科医療チーム 高校生密着プログラム(8月)

 5日間、早朝から医師と行動を共にして実際の医療現場を体験。救命の最前線で「医師になる覚悟」を学びます。

 京都大学キャンパスガイド(11月)・大阪大学ツアー(11月)

 

 京都大学大学院文学研究科との連携

 課題研究等においてアドバイスしていただきます。