国際交流事業

英語をコミュニケーションツールとして使いながら異文化理解を深め、グローバルな視野を身につけます。

●茨木Brothers&Sistersプログラム

 1年生が大阪大学の留学生と交流します。クラスごとに6~7人ずつの留学生を迎え、異文化への理解を深める活動です。2017年は、12月2日(土)に留学生57名(28ヶ国)が来校し、本校生徒の運営によって1年生8クラスと交流しました。

◆2017年度B&S活動報告 

●英語イマージョンプログラム

 茨高オリジナルの「英語漬けプログラム」です。ネイティブの講師を招き、2日間オールイングリッシュでプレゼンテーションやディベートの技術を学び、実践的な英語運用能力を高めます。

●世界の屋台体験

 GLHSに指定されて宿泊野外行事が海外になったこともあり、その行き先に焦点を当てた取り組みです。大阪大学等の留学生と本校生徒が、行き先の伝承料理と日本料理を実際に調理します。

●留学生受け入れ

 年間通じて受け入れています。学生生活を共に送ることで、言語や文化の違いを超えた友情を深めていきます。留学に対する具体的なイメージをふくらませることにもつながっています。平成26年度と平成27年度はドイツから、平成28年度はタイから、平成29年度はフィンランドから、平成30年度はパラグアイからの留学生を受け入れています。

●海外からの訪問団受け入れ

 宿泊野外行事の準備として、1年次の秋に、大阪大学の留学生(約60人)を招き、交流会を実施して、コミュニケーションツールとしての英語の重要性を体験します。

 また、海外からの訪問団、修学旅行生等も積極的に受け入れています。

平成25年度

蔚山外国語高騰学校(韓国)

MJIIT(マレーシア日本国工学院)

KMUTT(タイ国モンクワットモンブリー工科大学)

平成26年度

暁明女子高級中学校(台湾)

レクウィンドン高校(ベトナム)

平成27年度 国立武陵高級中等学校(台湾)
平成28年度 中国高校生訪日団
平成29年度

セントポール高校(香港)

Assalaam Islamic Senior High Boarding School(インドネシア)

平成30年度 国立武陵高級中等学校(台湾)