校長挨拶

大阪府立茨木高等学校のHPをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、明治28年(1895年)に大阪府第四尋常中学校として開校し、今日に至るまで、常に社会で活躍する人物を輩出してまいりました。初代校長加藤逢吉先生が定められた校訓「勤倹力行」(生活を質素にして日々努力して自分を磨くこと)は、現在まで確実に引き継がれ、校風である「質実剛健」とともに本校の教育方針の柱となっています。

 さて、本校は平成23年度から「グローバルリーダーズハイスクール」に指定されており、これまで積み上げてきた教育内容をもとにしながら、その内容をさらに発展させ、グローバル社会をリードする人物の育成に力を注いでいます。
 本校の教育目標のキーワードは、「高い志」「自主自律の精神」「枠を超えた知性」の三つです。その目標に向け、学校においては、「本物に触れること」「先輩の背中を追いかけること」「互いに切磋琢磨すること」を意識しながら、生徒がさまざまな活動に取り組むようにしています。
 今後も生徒が、学問の楽しさと深さ、そして自治活動の大切さを実感しながら充実した学校生活を送ることによって力を蓄え、社会の真のリーダーとしてたくましく羽ばたいていくことができるよう、教職員一同努力してまいる所存です。


 みなさまにはご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

大阪府立茨木高等学校 岡﨑 守夫

okazaki_koutyou.jpg

初代校長直筆の「勤倹力行」の書の前にて (於:校長室)