病弱部教材紹介

病弱部の教材について

 病気やけがのため、大阪市内の病院に入院している子どもに対して、必要な配慮を行いながら教育を行います。療養中においても学習が遅れることのないよう指導を行うほか、病気に対する不安感や自信の喪失などに対するメンタル面での健康維持を図る指導も行います。

分教室の授業では、それぞれの教員が、各授業で様々な教材を工夫しながら授業を行っています。

ここでは、これまで分教室で蓄積してきた教材について、紹介させていただきます。

病院内で制約された環境でもできる教材ばかりですので、参考にしていただければと思います。

H30年度

R1年度

R2年度

R3年度

教材の活用