進路実績

進路実績

39期生 進路実績

38期生 進路実績

37期生 進路実績

kangojisseki.jpg

クリックすると拡大されます

看護学校合格者からのメッセージはこちら!



37期以前の卒業生について、進路結果をまとめました。

進学について

大学・短大 四年制大学、短期大学ともに指定校推薦(※)が、たくさんあり、選択の幅が広く、AO入試や特別推薦の合格者が増えています。また公募推薦や一般入試で、最後まで合格をめざして頑張る生徒も毎年出ています。この姿勢は、後輩たちもぜひ見習ってほしいと思います。 ※指定校推薦とは、大学・短大・専門学校から伯太高等学校に直接、生徒の推薦を依頼されるものです。指定校推薦で受験して合格すると、必ず入学しなければなりません。
看護学校 人気のある分野ですが、毎年合格者を出しています。放課後の講習、随時の添削指導、長期休業中の講習を行ってきましたが、最初からほぼ毎回出席していた人たちの中から合格者がでています。「早くから、意識をもって、努力を続ける」ことが大切です。
専門学校 大阪近郊の多くの専門学校から、指定校推薦の依頼があり、専門分野も多岐にわたります。医療技術・鍼灸分野からも、指定校推薦があります。 また、指定校推薦を利用すれば、受験料や入学金減額・免除などの特典がある学校がほとんどです。

進学全般で奨学金は、よく利用されています。
GSやHR、進路行事などでも、奨学金について説明をします。

就職について

学校紹介による就職希望者数は、昨年度より増加しています。高卒求人は一昨年まで厳しい状況が続きましたが、景気回復の兆しとあいまって回復傾向にあるようです。本校では、本人の頑張りと学校からの手厚い支援とにより、学校紹介での就職希望者のほぼ全員が現在内定を得ています。

伯太高等学校では、地元を中心に求人企業数も多く、就職へむけての指導も充実しています。