進路指導・キャリア教育

キャリア教育の視点をもつ進路指導体制

3年次で、進学先や就職先を指導する従来型の出口指導のみの進路指導ではなく、より深く生徒に即して1年次から、自らの人生を主体的に選択していけるように、将来の「生き方」を考えさせていくキャリア教育の視点をもつ進路指導が特徴です。

伯太高等学校のキャリア教育の理念

廊下でのひととき知識とその活用方法を学び情報を取捨選択する力を身につけ他者と豊かな関係をきずき自己決定によって生きる力をたかめること

さまざまな学習や取り組みを通して、その気づきや学びを支援・サポートする。
それが伯太高等学校キャリア教育の基本的な考え方です。

また各教科科目がGSの学習や進路指導の内容に関連する授業を実施することで、より大きな効果をあげています。

さらに、ルールを守ることや、規律を高めることも大切な学びです。

このように学校教育活動全体で取り組む、トータルな営みが
伯太高等学校キャリア教育のめざす方向です。

ゴールは、
他者とともに生徒のみなさんが、自分自身の人生を豊かに生きる自己実現です。

伯太高等学校キャリア教育全体計画

「体験」を重視した進路・GS行事

下校の様子インターンシップ
ボランティア
大学・専門学校見学
企業見学
伯太進路フェスタ(出前授業)
進路講演会

就職生セミナー
各種学力テスト
職業適性検査
の実施など、将来の職業観・職業意識の育成にも焦点をあてて取り組んでいます。