芸術家による特別授業

10月5日(月)・10月19日(月)の1年生の美術では、文化庁主催(しゅさい)事業として、専門家をお招きする特別授業を実施しました。

講師は、「口と足で描く芸術家協会」の画家森田(もりた)()千子(ちこ)さんです。

生徒はグループに分かれ色見本が配付され、「自分を色に例えると何色?」「みなさんにとって秋を表す色は?」「自分の5年後の色は?」というテーマがでました。

直感で色を選ぶ生徒、なかなか決めることができない生徒などみな様々でした。

その後、一人ひとりにハガキが配付されると、森田さんは「自由に線を描いてください」と言いながら、口に鉛筆をくわえて線を描いて見せてくださいました。

生徒たちも自分のハガキに線を描き、ハガキを友達と交換すると自由に色紙を()っていきます。はさみを使わず手でちぎったり、重ねて貼ったりして、立体的に表現する生徒もいました。想像力を働かせ、どの生徒も思い思いの作品を仕上げていました。

森田さんから、「みんなそれぞれ違いを大切に、それぞれの良さを生かして、自分の人生を自由に彩ってください」と温かい(はげ)ましの言葉をいただきました。

授業を受けた生徒たちには、大変思い出に残る授業になりました。