専修部         ・理学療法科

入学案内・学校見学会・オープンスクールの案内こちらへ      

1、理学療法科の紹介

全国で2番目の理学療法士養成施設として昭和39年に高等部専攻科に設置されました。以来、視覚障害(視覚障がい)者の職業自立の支援をモットーに教育を行ってきました。

現在までに卒業生は300名以上を数え、視覚に障がいがありながらも理学療法士として医療、福祉の仕事でなど活躍する人材を輩出してきました。

機能訓練室 ADL室
機能訓練室 ADL室

2、理学療法科の特色

見え方に応じた授業

理学療法科では学生の見え方に対応した教科指導、実技指導を行っています。

板書の文字を大きく書いたり、読み上げたり、拡大文字のプリントなど可能な限り学生の見え方に配慮を行っています。

また、実技指導では少人数ならではのきめ細かい指導を行っています。

臨床実習は卒業生のいる病院や老人保健施設を中心に実施し、視覚障がいの理解と見え方に応じた指導を実習指導の先生にお願いしています。

高い国家試験合格率と就職率

過去10年間の国家試験合格率は95.5%です。就職は希望する学生はほぼ100%就職しています。

3、応募資格・学費等

応募資格

  • 高等学校(これに準ずる学校を含む)を卒業または卒業見込みの方、もしくはこれと同等以上の学力をある方。
  • 両眼の矯正視力が概ね0.3未満の方、または視力以外の視機能障がいが高度の方。
  • 就労を通して職業的、経済的自立をめざす方。
  • 大阪府外に在住する方で事前に大阪府教育委員会から承認された方。

他府県から入学志願する者の審査 (大阪府教育委員会より)

    1. 審査対象者

審査対象者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

ア)本人又は保護者の住所が府外にあって、入学日までに府内に        居住することが確実な者

イ)その他特別な事情のある者

2.審査手続 

審査対象者は、次の書類を、大阪府教育庁教育振興室支援教育課に提出する。  

ア)入学志願特別事情申請書   

(用紙は平成29年12月11日(月)から平成30年1月19日(金)の間、大阪府教育委員会において交付する) 

イ)その他大阪府教育委員会において必要と認めた証明書又は資料

3.審査期間   

部科名 審査期間(土、日、祝日を除く) 受付時間
高等部専攻科 1月 9日(火)~1月19日(金) 午前10時~午後4時

※ なお、この期間内に審査を受けることのできなかった者について、大阪府教育

委員会がやむを得ない事情と認めた場合は特に審査することがある。

※ 追加募集の審査については、出願期間中に行う。

4.承認書の交付 

審査の結果、書類に不備がなく、志願することが適当であると認めた者に対しては、承認書を交付する。

 学費等

  • 本校は受験料、入学金、授業料および教科書代は不要です。
  • 理学療法科では実習費等の必要経費として年間1~2万円程度が必要になります。
  • 就学奨励費制度があり、所得に応じて通学費、給食費が支給されます。  

 就学奨励費制度とは

  • 特別支援教育就学奨励費といい、障がいのある幼児児童生徒が特別支援学校や小学校・中学校の特別支援学級等で学ぶ際に、保護者が負担する教育関係経費について、家庭の経済状況等に応じ、国及び地方公共団体が補助する仕組みです。対象とする経費は理学療法科においては教科書代(所得に関係なく支給)、通学費、給食費です。

所得に応じて全額支給、半額支給、支給なしの3段階に分かれます。所得については事務室にお問い合わせください。

4、カリキュラム

理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則に沿ったカリキュラムです。

平成25年度の1年生から新カリキュラムに移行しました。  

  • 基礎分野:   理学療法士として社会自立するための基礎を学びます。

  心理学、統計学、教育学、英語、保健体育など

  • 専門基礎分野: 理学療法に必要な基礎医学を学びます。

解剖学、生理学、運動学、病理学、内科学、整形外科学など

  • 専門分野:   理学療法に必要な評価、治療について学びます。

 基礎及び臨床評価学、各疾患別治療学、日常生活動作学など

5、授業    

  • 個々の見え方に応じた教科指導、実技指導を行っています。
  • 板書の文字を大きく書いたり読み上げたりします。
  • 配付プリントの文字の大きさを拡大します。
  • 少人数ならではのきめ細かい実技指導を行っています。
  • 大画面モニターと動画を使って動作分析の指導を行っています。
理学療法科の授業 理学療法科の治療室での授業風景
授業風景(教室) 授業風景(治療室)

6、臨床実習  

  • 1年次、1日の見学実習を3回行います。 
  • 2年次、3週間の臨床評価実習を行います。 
  • 3年次、8週間の臨床総合実習を行います。  
  • 3年次、校内幼小学部実習とデイケア実習を各5回行います。

臨床実習は卒業生のいる病院や老人保健施設を中心に実施し、視覚障がいの理解と見え方に応じた指導を実習指導の先生にお願いしています。

7、年間行事 

4月 入学式・始業式
オリエンテーション
臨床実習Ⅰ期(3年)
福祉機器展見学(1・2年)
5月 弁論大会
6月 校内授業開始(3年)
スポーツフェスティバル(有志参加)
7月 期末考査
病院見学
終業式・夏季休暇
8月 臨床実習Ⅱ期(3年)
9月 始業式
10月 創立記念日
中間考査
総合実技テスト(2年)
解剖見学実習
校内授業開始(3年)
11月 文化祭
オープンスクール
臨床評価実習(2年)
12月 期末考査(1・3年)
球技大会
病院見学(1年)
終業式・冬期休暇
1月 始業式
総合学力テスト(1・2年)
国家試験模擬テスト(3年)
2月 入学者決定検査
学年末考査(3年)
総合実技テスト(1年)
理学療法士国家試験
3月 卒業式
学年末考査(1・2年)
修了式・春季休暇
国家試験合格発表

8、国家試験

毎年、2月の第4日曜日に実施されます。合格発表は3月末です。

視覚に障がいが国家試験受験のハンディキャップにならないよう、従来の点字受験以外に様々な配慮を筑波大学付属視覚支援学校、筑波技術大学とともに厚生労働省に申し入れてまいりました。

現在、視覚の状況に応じて時間延長、拡大読書器の持ち込み、読み上げ受験などの配慮がなされています。

9、国家試験合格率

設置以来毎年高い合格率を保っています。

ここ数年は国家試験の難易度が上がったこともあり全員合格とはいかない年もありますが、過去10年では95.5%の合格率です。

10、就職

10名の定員に対し200件余りの求人があります。

就職を希望する学生はほぼ全員就職しています。

ただ、近年理学療法士養成校の急増により人気のある病院は競争が厳しくなっています。

ほとんどの学生が病院、クリニック、介護老人保健施設などに就職しています。

11、Q&A  

Q1)誰でも受験することができますか?  

本校は視覚支援学校ですので、まず視覚に障がいがあることが条件になります。  視覚障がいは法律によって矯正視力が概ね0.3未満と決められていますが、視力以外で視機能障がいが高度なものも含まれます。眼の疾患によっては該当する場合もありますので個別にご相談ください。  なお、本校に入学できる視覚障がいに該当するかどうかの決定は眼科診断書をもとに眼科医(校医)と校長他本校職員で構成する資格審査会によって最終決定されます。

Q2) 学費について教えてください。 

入学金、授業料はかかりません。教科書代も不要です。就学奨励費の制度により所得に応じて通学費、給食費が支給されます。ただし、実習費等にかかる費用として年間1~2万円が必要になります。 

Q3) 何年で卒業できますか?  

3年の過程で卒業できます。 

Q4) 年齢制限はありますか? 

年齢制限は設けていませんが、理学療法士は開業権がなく、基本的に病院や介護老人保健施設に就職することが前提となります。そのことから40歳代以上になると就職が難しくなります。それでも中途障がいで30歳代以上の方も多く、学卒の18歳から30歳代まで様々な年齢の方が学んでいます。 

Q5) 入学試験の科目を教えてください。 

総合問題、面接、適性検査があります。  総合問題は古文、漢文を除く国語、および英語となります。     

Q6) 就職状況について教えてください。 

就職率は100%です。毎年多くの求人をいただき、卒業生の多くは病院やクリニック、介護老人保健施設などに就職しています。    

Q7) 学校の見学はできますか?  

学校見学や就学相談は随時受け付けています。また、オープンスクールや学校見学会も行っております。   

Q8) 大阪府外から受験できますか?  

本校は府立学校であるため、他府県からの受験に一定の制限を設けています。 本校受験に際して、大阪府教育委員会からの承認が必要です。  他府県から受験を希望される方は、指定された期間に大阪府教育委員会で所定の手続きを行ってください。詳しくは入学案内をご覧ください。  なお、その際に大阪府に在住する身元保証人は必要となります。    

Q9) 寄宿舎に入ることができますか?  

寄宿舎に入れる条件として、大阪府に居住地があって通学距離が遠方で通学時間がかかるか、視覚障がいにより通学に危険が伴うと認められた場合となります。  他府県者が寄宿舎に入ることを前提に入学できませんのでご了承ください。 

12、クラブ活動

学部学科を越えて体育系、文科系のクラブがあります。 

体育系: グランドソフトボール部、フロアバレー部

     水泳部、卓球部、柔道部、陸上部

文科系: あん摩手技研究部、運動機能研究部、対面朗読部