渡日生教育

なみはやの渡日生教育

本校では「自分の生まれ育った国・地域に誇りと自信を持つ」ことを指導の基本とし、
日本語教育と母語教育を実施しています。
また、外国にルーツを持つ生徒が在籍することによって、本校で教育を受けた生徒
が 「文化と言葉の異なる人がそばにいる社会」を身近に感じ、これからの多文化共生
社会を担う人間へと成長することを願っています。

【渡日生教育のカリキュラム】
日本語教育
それぞれの日本語の習熟度に応じた日本語授業を開講しています。
日本語の授業は、習熟度によって、初級、中級、上級にわけて開講し、日本語能力試験
N1を目標としています。 なお、日本語以外の教科の授業は、日本語習熟度に応じて
抽出(取り出し)授業を行っています。
1年生 週4時間
2年生 週4時間
3年生 週3時間と選択科目4時間

【母語(継承語)教育】
母語を話せることがこどもたちの自信につながり、また、外国にルーツ持つこどもたちは
バイリンガルの可能性を有しています。 本校では、外国にルーツを持つこどもたちが、
日本社会で自信をもって生活し、日本と世界の架け橋へ成長することを願っています。
母語授業は、単位認定される正規の授業として開講されています。
各学年2~4時間の母語授業を選択することができます。
これまでに開講した母語授業は、中国語 フィリピノ語 タイ語 韓国語  ポルトガル語 
スペイン語 英語などです。   

【渡日生の文化活動】
自分のルーツを大切にするため、多文化交流部を中心に渡日生の文化活動を実施していま
す。多文化交流部では、文化祭や地域のイベントなどで、生徒のルーツとなる文化の紹介
や踊り・歌などのパフォーマンスなど、多様な活動を楽しく行っています。渡日生のほか、
日本人生徒も参加し、
ますます賑やかで活発な多文化交流をすす めるクラブへと
成長しています。

資料コーナー

渡日生の教育に関する指針
本校の渡日生教育の指針が示されています。

大学特別枠リスト

大学特別枠リスト 門真なみはや高校で作成した大学の特別枠入試の一覧です。掲載大学は関西圏が中心です。 なお、未確定の情報もありますので、大学のHPで確認するか大学へ直接問い合わせてください。 また、このリストの訂正や新たな情報がありましたら、是非お知らせください。