SSH の概要

SSHとは / 本校の研究課題と内容 

SSHとは

 

文部科学省が指定する「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」は、未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとして、理数系教育の充実をはかる取り組みです。

本校は平成27(2014)年度から第二期目の指定を受けております。

詳しくはこちらの外部サイトをご覧ください。

 

 

 

本校の研究課題と内容

 豊中高校のテーマは「科学する『ココロ』と『ヒト』を育てる豊中スタンダードプログラム」です。

 生徒たちは普段の授業で深い知識・技能を習得し,課題研究や各種研修などで解のない問題に取り組みます。失敗に負けず,試行錯誤を繰り返していくことで,一つの課題をじっくり突き詰めて考えることの楽しさや苦しさ,そしてそれを乗り越えた時の喜びを体験していきます。

 本校では高校三年間の学びの充実はもとより,中学生への実験教室や大学生による実験教室なども企画し,中学生に対しては科学への興味づけ,大学生に対してはリーダー育成を目的としたプログラムを展開しています。

 これらのプログラムを通して,これからの時代で,世界で活躍する科学人材に必要な資質である「積極性」「協調性」「忍耐力」を育みます。

概要・受賞歴等は以下のPDFファイルを覧ください。

  ・ 大阪府立豊中高等学校SSH概略資料  pdf.png

  ・ SSH第1期の受賞歴 pdf.png

  ・ SSH第2期の受賞歴 pdf.png

※スマホ端末でPDFファイルが開けない場合、一度スマホにPDFファイルをダウンロードしてから開いてください。

 

SSH ブログページへはこちらをクリックしてください ⇒ SSHブログページ

   旧 SSH HP へはこちらをクリックしてください    ⇒ SSHHP

 

 

プログラム

理数教育の充実と課題研究

 知識や技術を与えられるだけにとどまらず,自ら考え,自ら行動し,自らの力で知を広げる。豊中高校では普段の授業で主体的かつ対話的に高度な知識を学び,じっくりと基礎基本の定着を図ります。その上で,それらの授業の時間や課題研究の授業の時間などにその知識や技術を存分に生かし,また広げていく機会を設けています。

 SS理数理科の授業

 理科の授業では、実験や実習などを多く取り入れています。実験や実習を通して,知識を活用しながら統合したり,好奇心や積極性を育んで,日々の学習意欲を高めていきます。

s-写真03.jpg s-写真01.jpg s-写真02.jpg

 課題研究

 SS課題研究では三年間を見通して,一年次に身近なテーマで実際に探究活動を行いながら探究活動の作法を学び,二・三年次に数学・理科・情報の各分野についての専門的なテーマで研究活動を行います。長い研究活動の中では,実験がうまくいかないことがあったり,思うように研究が進まないこともあったりします。しかし,自分の興味関心から生まれたテーマに対しては,どの生徒も粘り強く,積極的に研究活動をつづけ,最終的にはポスターセッションでその成果を発表します。その後,論文を完成させます。

 解のない問いに挑戦することで,学び方そのものや論理構築力などを身につけ,好奇心と忍耐力を高めていきます。

表 課題研究テーマ例

分野 テーマ
保健体育 ヒトの視覚に関する盲斑の実験
化学 酸性雨を電解液とする発電方法
化学 簡易燃料電池の作成
物理 ムペンバ効果についての仮説と考察
物理 新たなる免震構造の構築
地学 土壌の温度変化と化成の模擬土の作成
地学 木星突入ミッション
情報 豊中高校におけるネット依存とその解消法
情報 豊中高校のバリアフリーについて
物理 蛇口から流れ出る水が形成する形状
物理 自由落下におけるドップラー効果の再現
物理 クラドニ図形の規則性
生物 単細胞生物を切ってみたら再生した
生物 色の異なる光がCAM植物の生長に与える影響
生物 膨圧運動を意図的に静止した場合のオジギソウの反応
生物 色から受ける記憶の差異

 

本物に触れ,最先端科学と出会う研修

 大学や研究施設,企業,科学館や博物館などで最先端の科学に触れる研修のほか,海外の高校音の合同研修を行っています。近年は四国地方の地形をめぐる地学研修(7月),白浜にある京都大学瀬戸臨界実験所で湾岸生物と触れ合う生物研修(12月)などを毎年実施しているほか,シンガポールカトリックハイスクールとの合同研修でシンガポールの湿地の調査(3月)を行っています。また,隔年で行われるシンガポール国際科学チャレンジにも毎回参加しています。

s-写真04.jpg s-写真06.jpg

s-写真05.jpg s-写真07.jpg

中高大接続

 高校生が中学生や小学生に対して実験教室を開いたり,大学生が高校生に対してチームワークや創造力を試すコンテストを主催するなど,生涯を通じて科学やその根底にある「ふしぎ」にかかわり続けたり,社会貢献に目を向けるような新しい試みを行っています。

s-写真08.jpg s-写真09.jpg

 

教材

(近日公開予定)

 

 

本校生徒向け連絡

現在は何もありません