特別警報・暴風警報発令等に伴う措置

警報発令時の授業の扱いについて

台風接近等で特別警報・暴風警報が発表されている間は登校禁止となり、授業を含めた全ての活動ができません。対象地域は、南河内(富田林、大阪狭山、河南、太子、千早赤阪、河内長野、羽曳野、藤井寺、松原)と堺市です。ただし、対象地域以外に居住している生徒は、居住地に特別警報、暴風警報が発表されている間は自宅待機とする(欠席扱いにはならない)。

授業については以下の通り扱います。

午前7時現在、特別警報・暴風警報発表中
登校を見合わせ自宅で待機する。
午前8時30分までに特別警報・暴風警報が解除になった場合
10時40分SHR、3限から授業を開始する。
午前11時までに特別警報・暴風警報が解除になった場合
13時15分SHR、5限から授業を開始する。
午前11時の時点でも特別警報・暴風警報発表中
臨時休校とする。

なお、これらの処置をとる場合は、保護者宛メールマガジンを配信するとともに、金剛高校Webページのトップページでも案内します。
※警報・注意報については、例えば日本気象協会気象庁Yahoo!天気等で確認できます。
<注意>
(1)「特別警報」についてはすべての特別警報が対象です。警報については、「暴風警報」以外の警報は対象にはなりません。大雨、洪水などの警報が出ていても、暴風警報が出ていなければ、授業は平常通り行います。
(2)特別警報や暴風警報が発表されている間は登校禁止です。危険回避のための自宅待機ですので、部活動や体育祭・文化祭準備等での登校もしないでください。
(3)授業の有無の確認のために学校へ電話しないでください(学校の電話は、災害時は非常電話にもなります)。