学校長あいさつ

校長挨拶

大阪府立泉南支援学校

校 長  松浪 啓介


令和3年4月1日、泉南支援学校で2年目を迎えることができました。これからお会いする新入生のみなさん、そして在校生のみなさん、保護者のみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

 

 泉南支援学校の校訓は「まなび愛 みとめ愛 たかめ愛」です。あいの字が、愛という漢字表記になっています。これは、泉南支援学校が開校するときに、学校に集う児童生徒、保護者、教職員が、お互いを大切にし、優しく思いやりのあるやりとりを大切にできる学校になってほしいと願い、愛という漢字が当てられました。

 本校校長になり、私も2年目を迎えましたが、今年は愛溢れる学校作りの中でも、特に「ことばを紡ぐ」ということを大事にしていきたいと、年度当初の職員会議で先生方にお伝えしました。

 人とやりとりするには、相手にどう伝えればわかりやすいか?こう伝えると相手はどう感じるのか?相手を思いやる表現として、どの言葉を選んだら良いか?など、考えながら話を伝えたり聞いたりすることが大切だと思います。お互いが、こういう気持ちで言葉を紡いでいくと、ほっこりと穏やかな関係性が築けるのではないかと思います。 

今年度もまだまだ、新型コロナウイルス感染症予防対策が必要です。校内での感染症防止対策、通学バス車内での感染症防止対策は継続して取り組んでいきます。ご家庭でも、お忙しい中大変でしょうが感染症防止対策の工夫について、引き続きよろしくお願いいたします。

 新しい仲間がたくさん加わった8年目の泉南支援学校が、優しさいっぱいで元気ある楽しい学校となりますよう、今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。