重要なお知らせ

来年度入学生より 新コース【教職トライ専門コース】が スタートします。

ポスター表紙(最終).jpg

ポスター裏面(最終).jpg

八尾翠翔高等学校 教職トライコース Q&A 

《教職トライコース全体について》

Q 「教職トライコース」とは何ですか?

→将来小学校や中学校・高校の先生になりたいと思っている人、または先生という職業に興味を持っている人のための教員養成を目的にしたコースです。大学の講義や地域での実習、授業研究などを通して将来の教員としての素養を育み、教員になる意欲の向上、進路実現に向けての意欲の向上を目指します。

Q どのような生徒が「教職トライコース」に進むのですか?

→将来小学校や中学校・高校の先生になりたいと思っている人、または先生という職業に興味を持っている人に適しています。大学による教育に関する講義や、地域の小学校や中学校の施設での実習を、授業として受けることができます。

Q 「教職トライコース」に入ると教員の資格がとれるのですか?

→高校では教員免許はとれません。教員免許は大学等に進んで必要な条件を満たして取得できます。八尾翠翔の教職トライコースは、将来小学校や中学校・高校の先生になりたいと思っている人、または先生という職業に興味を持っている人のために、教員の仕事の理解、身につけておくとよい知識や考え方など、教員になったときに役立つ素養を育むとともに、大学進学に対応した学力をつけることを目的としています。

Q いつからコースに分かれるのですか?教職トライコースから他のコースに移れますか?

→各専門コースには2年生から分かれ、2年・3年と同じコースに進むのか原則です。2年の時に専門コースの人が、3年から総合系に進むことはできますが、2年の時に総合系の人が3年から専門コースに進むことはできません。自分に合ったコース選択ができるように、1年生で丁寧なガイダンスをします。

《授業[教育課程]について》

Q 教職に関わる科目はどれくらいありますか?

→2年生の時に、教育に関する大学の講義を授業として受ける「教職講義」を週2時間[2単位]、3年生の時に、教育に関する実習を授業として受ける「教職実習」を週2時間[2単位]行います。また、2年生で「授業理解」を1科目・3年生で「授業研究」を3科目それぞれ週2時間[2単位]計8時間[8単位]行います。「授業理解」と「授業研究」は進学にも対応している科目です。

Q 進学を考えると、関関同立等の進学を目指す「人文ステップアップ専門コース」をとったほうがいいですか?

→高い目標の進路を実現するためには早期から準備をする必要があります。教職トライコースは同様の目標を持った生徒が2年生から大学の講義を受けることができるので、高いモチベーションを維持しながら早期から進路実現に向けて取り組みがしやすくなります。人文・理数ステップアップ専門コースや総合系もそれぞれの利点がありますので、1年生の時にしっかりと情報を集め、保護者の方や先生と相談して判断すると良いでしょう。

Q 教職トライコースの理系はありますか?

→理系は学ばなければならない科目の種類が多いので、残念ながら教職トライコースに理系は用意できていません。理数ステップアップ専門コースに進み、3年生の選択科目として「教職実習」等を選択することは可能です。

《進路について》

Q 教職トライコースに進んだら、必ず教育系の大学に進むのですか?

→教職トライコースは将来小学校や中学校・高校の先生になりたいと思っている人、または先生という職業に興味を持っている人に適していますが、必ず教育系の大学に進まなければならない、ということはありません。授業のほとんどが進学にも対応している科目なので、教育系以外の文系大学に進むこともできます。

カリキュラム表.jpg