准校長からの挨拶

koutyou4.jpg

ご挨拶

桃谷高等学校・定時制の課程のホームページをご覧いただきありがとうございます。

令和5年4月に着任いたしました准校長の梅田 智己でございます。

私は11年前に本校の多部制単位制Ⅰ・Ⅱ部に赴任し、地歴科の教諭・首席として7年間教鞭を執っておりました。さらに平成31年度から3年間は引き続きⅠ・Ⅱ部の教頭として、昨年度からはⅠ・Ⅱ部の准校長を務めております。今年度は、新たに定時制の課程の准校長として着任したうえで、令和5年9月に閉部を迎えるⅠ・Ⅱ部の准校長の職も兼務いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

桃谷高校は、昭和41年4月に大手前高校通信制課程の独立校として現在の地に誕生しました。平成4年度には府立初の単位制高校に、平成7年度には価値観の多様化や急激な社会の変化に対応するため、通信制課程とともに新たに定時制課程の昼間部、そして翌年に夜間部を開設しました。そののち定時制課程は、平成17年度に多部制単位制(クリエイティブスクールⅠ部・Ⅱ部・Ⅲ部)に改編され、生徒の多様な学習ニーズに応える教育システムをもつ学校に生まれ変わりました。平成30年、大阪府の再編整備案により本校の多部制単位制の各部は、その役割を発展的に解消して4年後に閉部し、桃谷高校は通信制の課程と定時制の課程(夜間)の学校となることが決まりました。

本校には、働きながら通学する生徒や外国にルーツのある生徒、不登校経験のある生徒や他校からの編転入学生徒、中学校の夜間学級を卒業した生徒など、多様な背景のある生徒が在籍しています。それぞれの事情は違いますが、一人ひとりが自分のペースを大切にしながら学校生活を有意義に過ごしています。

本校はめざす学校像を「安全で安心な居場所で小さな成功体験を積ませることで生徒を社会参画する市民として育て、世に送り出すセーフティネットとしての学校」とし、

1 個に応じた学習指導の工夫に努め、学力の向上を図る。

2 生徒の自己実現を支援する進路指導を推進する。

3 豊かな心や社会性を育む。

の3つに重点を置き、教育活動を展開しています。

教職員は、カウンセリングマインドをもって生徒の支援・指導に当たっております。すべての生徒が「この学校に入学してよかった」と思えるように、教職員が一体となって、安全で安心な生徒の居場所となる学校づくりを進めています。

加えて、府立高校では数少ない完全単位制を実施する本校ならではの柔軟な教育システムを有効に活用し、「桃谷でしか学べないこと、桃谷だからこそ伸ばせる力」というものを常に念頭に置きながら教育活動を行っております。

多様な学びを通じて、安定した納税者を生み出し、社会や大阪府に貢献できる人材の育成をめざす桃谷高校・定時制の課程へのご支援ご協力を、今後ともよろしくお願いいたします。

令和 5年4月1日

大阪府立桃谷高等学校

定時制の課程

准校長 梅田 智己