生徒心得

生徒手帳からの抜粋です

出欠等の取扱いについて

(欠席)

  1. 始業時から終業時刻まで出席しなかった場合は欠席とする。
  2. 欠席する時は、保護者から電話等によって学校に連絡してもらうこと。
  3. 欠席が続く場合は、成績や進級・卒業への影響が大きくなるので、学級担任に事情を伝え、学業や学校生活についてよく相談すること。

(遅刻)

  1. 始業時刻(通常は午前8時30分)に遅れて教室に到着した場合は、その日は遅刻とする。遅刻して登校した場合は、校門の受付で入室許可証を受け取り、学級担任または授業担当教員に渡すこと。
  2. 各時限では、開始時刻に間に合うように集合・着席しなければならない。遅れたときは、授業担当教員に申し出ること。

(早退)

  1. 終業時刻以前に下校した場合は早退とする。早退する場合は、学級担任の許可を得て、早退許可証の交付を受け、生活指導室で承認印を受けること。

(外出)

  1. 終業時刻までは、無断で校外に出てはならない。外出する場合は、早退の場合と同じく、早退許可証が必要である。

(出席停止)

  1. 医師により学校感染症と診断された場合は、出席停止となり、医師の診断により学校の許可があるまでは登校してはならない。
  2. 受験、部活動など学校が認めた活動のため授業に出席できない場合は、欠課・欠席・遅刻・早退として数えない。
  3. 忌引は次の日数とする。
    • 父母の場合7日以内
    • 祖父母、兄弟、姉妹の場合3日以内
    • 曾祖父母、叔父母、伯父母の場合1日以内
    • 他の親族または遠隔地等の場合は、学級担任に相談すること。
時間割・日課
予鈴 8:30
S.H.R 8:35~8:45
第1時限 8:45~9:35
第2時限 9:45~10:35
第3時限 10:45~11:35
第4時限 11:45~12:35
昼休み 12:35~13:15
予鈴 13:15
第5時限 13:20~14:10
第6時限 14:20~15:10
S.H.R 15:10~15:20

身だしなみについて

  1. 生徒の服装については、学校指定の制服を着用するものとする。
  2. 登下校での防寒着着用の時期は、生活指導部より指示する。なお、 防寒着は校内では着用しないこと。
  3. 上記で定められた服装以外を必要とする場合は、事前に生活指導室 の許可を必要とする。
  4. その他、身だしなみ•頭髪については本校生としての品位を保つよ うに心がけよう。

校内生活について

  1. 校舎内では静しゅくにし、他人の迷惑になるような言動は慎む。
  2. 公共物はすべて大切に取扱い、万一破損•汚損した場合は必ず先生 に届け出て指示をうける。
  3. 常に校内の美化に留意し、整理、整頓につとめる。割り当てられた 清掃当番は必ず責任をはたす。
  4. 毎日の掲示や放送にはよく注意する。
  5. 所持品にはすべてに記名する。必要以外の金銭や貴重品は持参しな い。
  6. 自教室以外にはみだりに出入りしない。職員室や教科の準備室等に 入室する際は名前と用件を伝え、許可を得てから入室すること。なお、 教員不在の場合は入室してはならない。
  7. 校舎内では必ず指定された上履を使用する。
  8. 校舎・施設の使用については、あらかじめ管理責任の先生の承認を うける。使用後はその旨報告する。
  9. 学校の内外をとわず、被害(盗難、暴力等)をうけたときは、すみ やかに担任、生活指導部に届ける。
  10. ロッカー内は清潔にし、不必要なものは入れない。ロッカーは施錠 して盗難等の被害にあわないように各自で責任をもつ。
  11. 掲示物、配布物等に関しては、別に定める規定による。

校外生活について

  1. 校外においても各自が本校生徒としての誇りと責任をもって行動す ること。
  2. 入場が禁止されたり、または風紀上好ましくない場所には出入りし てはならない。
  3. 校外で補導を受けたときは、補導者の指示に従い、直ちに学校に連 絡する。
  4. 校外において事故にあった場合は、すぐ学校に連絡する。