学校長より

 大阪府立勝山高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 この4月に第21代校長に着任いたしました 幸川由美子(こうかわゆみこ)と申します。よろしくお願いいたします。平成19年から教諭として5年間、平成24年から教頭として4年間勤務した学校にこうして着任できましたことは大変光栄なことであり、また大きな使命と責任を感じております。

 本校は、1922年(大正11年)に「大阪府立第12高等女学校」として開校し、翌年に「大阪府立生野高等女学校」に、1948年(昭和23年)の学制改革により「大阪府立勝山高等学校」に改称し、3年後には創立100周年を迎えます。大きく変化する時代の流れを受けながら歴史を重ねてきました。
 近年では、「たくましく自立・しっかり自立し、自信を持って社会に参加できる人間を育成」することを目標に、学び続ける力・他者理解と共同の心を培い、家庭・地域との連携を大切に地域に根ざした安全で安心な学校づくりをすすめています。

 勝山高校としては今年度の入学生が最後となりますが、来年度の入学生からの新校でも、これまでの歴史や伝統を大切にしながら地域に必要とされ、応援される学校をめざします。

 私たち教職員一同、全力で取り組んでまいります。
 保護者のみなさま、地域のみなさま、同窓会のみなさま、関係者のみなさまには、なお一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

平成31年4月

大阪府立勝山高等学校

校長 幸川 由美子