最新情報・お知らせ

マスクの作り方

紙マスクが手に入らないことも多いため、布マスク等が手作りできます。

茨木高校家庭科より、布マスクの作り方として以下のファイルをアップします。

 200408【表面】茨木高校マスクの作り方はコチラ

 200408【裏面】茨木高校マスクの作り方はコチラ

 200408【写真】茨木高校マスクの作り方はコチラ

1.使用方法について

布マスクを着用するときには、マスクと口の間にキッチンペーパーを小さく切って入れる、などして、使用後は、キッチンペーパーを捨てます。一度使用したマスクは、必ず石鹸などで丁寧に洗い、しっかりと乾燥させてから、使用します。(洗い替えのため、2~3枚あると便利です)

2.材料について

家庭科では、1枚分のマスク作成材料(ダブルガーゼ、ゴム紐)を準備しています。しかしながら、現在、登校日が未定のため、配布できない状況です。ダブルガーゼは、手芸店でも品薄の状況が続いていますので、ご家庭では、古くなったハンカチ、Tシャツなどの生地をリサイクルすることもアイデアの1つです。

学校再開までに、手作りの簡易マスクや布マスクなどで、登校日に備えてください。

参考:≪マスクの作り方①≫(令和2年4月6日(月)に【重要なお知らせ】に掲載されたものを再掲します。)

1.簡易マスク

以下を参考にキッチンペーパー、紙ナプキンなどで作ることができます。

参考:

「備える.jp」 https://sonaeru.jp/goods/handiwork/groceries/g-11/

 他にも、家庭にある材料で簡易マスクを作ることができます。

2.布マスク

文部科学省のホームページでは、さまざまな布マスクの作り方が掲載されています。

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00460.html

布マスクは簡単な材料で手作りができ、また再利用ができます。

ガーゼなどが手に入らないときにも、古着やハンカチ、手ぬぐいなどで、作成することもできます。